ヘルニアと足の痺れ





足のしびれは実に様々な原因で起こります。

もし、「電流が走るようなしびれ」、「びりびりするしびれ」、
「鋭い痛みを伴うしびれ」
が足に出ているのなら
それは椎間板ヘルニアかもしれません。



椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間にあるゼリー状の部位を「椎間板」と言います。
椎間板はクッションのような働きをするもので、
背骨にかかってくるショックを和らげてくれる作用などを持っています。


しかし、加齢などが原因で椎間板にヒビが入り髄核が飛び出し、
神経が圧迫されるようになってしまいます。
神経が圧迫されるとその周りは炎症を起こしてしびれが出るようになります。

椎間板ヘルニアを起こしやすい人

椎間板に強い負担がかかると、ヘルニアを発症しやすくなります。
例えば、ずっと座っている職業などに就いているドライバーの方などに多く見られます。

また、椎間板は加齢と共に水分が減少し、50歳前後を境にかなり水分減少が加速します。
この為、椎間板から水分減少が続いている
20代から50代の方が椎間板ヘルニアを発症しやすいのです。

椎間板ヘルニアの症状

・腰を前へ曲げると足のしびれが強まる
・くしゃみや咳をすると足のしびれが強まる
・びりびり、電流が走るようなしびれが足に出る
・夜間より朝の方が足のしびれが顕著である


ヘルニアと言うと、腰痛をイメージしやすいのですが、
椎間板のどこが圧迫されるかで症状の出方が変わります。

上記のような症状が出たらすぐに治療を始めてください。
自然治癒することはありません。



Copyright(C) 2011 足のしびれの原因となる病気と治療法 Allrights reserved.