妊娠と足の痺れ






妊娠中に足のしびれはよく起こります。
しびれが出る原因はいくつかあります。



妊娠中に出る痺れの原因

・体内の水分量が妊娠前に比べて増加するため、むくみが出ます。
これが原因で手や足にしびれが出るようになります。

・妊娠中期以降には、胎児の成長に伴って子宮が大きくなります。
この為、坐骨神経が圧迫されることで足にしびれが出るようになります。
また妊娠後期であれば、骨盤に緩みが出る為に坐骨神経が圧迫されて、同じく足にしびれが出ます。

出産を終えれば足のしびれは改善されますので心配する必要はありません。

妊娠中はストレスだらけ

妊娠中は薬の服用に始まって、様々な制約があります。

お母さんと赤ちゃんの健康を守る為に仕方のないことなんですが、
足のしびれやむくみ、便秘、妊娠中毒症の心配などストレスが溜まることばかりですね。

おまけに甘いものまで制限しなくてはならず、
どこにイライラをぶつけたらいいのか分からなくなってしまいます。

足のしびれはこれで解決

妊娠中の足のしびれは坐骨神経の圧迫からきている場合もあり、かなり辛いものになります。
しかし整体に行くことは出来ません。

解決法として、家でパートナーにマッサージまたはふくらはぎを摩ってもらいましょう。

お腹が大きいので足の裏側まではなかなか手も届きませんし、
人に摩ってもらった方が断然気持ちいいものです。

マッサージではリラックス効果もあるのでおすすめです。



Copyright(C) 2011 足のしびれの原因となる病気と治療法 Allrights reserved.