痺れの症状




足にしびれが出るのは血行や神経の影響などの影響です。
また、姿勢や加齢が原因で起こるしびれもありますし、
脊髄や脳などの病気が原因で起こるしびれもあります。

例えば姿勢が悪く、骨盤に歪みが出ても足にしびれが出ます。
いずれにしても、しびれが続いている場合は治療が必要です。



足に出るしびれの症状

◆腰痛
腰痛と足のしびれは一緒に出ることが多いのです。
それは腰椎から出ている神経が圧迫されることで、足にしびれが出るからです。
足の指先、足裏、かかと、ふくらはぎ、太ももの後ろといったように
患部が拡大していけばいくほど腰椎や骨盤の歪みがひどくなっていっていると考えます。

◆糖尿病

足先にむずむず感やしびれが出ます。
脊髄や神経が影響していても同じような症状が出ることがあります。
糖尿病特有の症状としては、両足がピリピリしてしびれたり、ジンジンとした違和感が出ます。

◆腰椎椎間板ヘルニア

片側だけに下肢痛が出ることが多いのですが、
症状が進行すればしびれ、疼痛、感覚障害、筋力低下、排尿障害を伴うこともあります。


この他にも脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、腰椎すべり症など
様々な病気などが原因で足にしびれが起こります。

例えば長時間正座をしていると、足先がジーンとしびれて感覚が無くなってしまいますね。
これは足の一次的な血行不良が原因です。

このことからも分かるように、上記のような病気などが原因で
下肢に酸素や血液が行き渡らなくなると足にしびれが出るようになるのです。



Copyright(C) 2011 足のしびれの原因となる病気と治療法 Allrights reserved.